プロミス審査

プロミスすぐ借りれる?ヤバい!【審査基準は甘い?借り方は?】

CMも放送されている超有名消費者金融のプロミス。その審査の実態についてご紹介していきます。

プロミスの審査において自営業は有利不利?

読了までの目安時間:約 3分

プロミスの審査を受ける予定の方で、自営業の方もいらっしゃるでしょう。自営業の方はどちらかといえば審査に厳しい印象を持っているはずです。というのも会社員のように毎月給与が確実に得られるといった組織に所属していませんので、大丈夫だろうかと不安に感じるケースが多いようです。今回は自営業の方が審査を受ける際のポイントについて解説していきます。


プロミスの審査は自営業でも心配不要!

プロミスの審査は自営業の方でも問題なく受けることができます。というのもプロミスの定める「安定した収入を得ている方」に該当していれば問題ないのです。自営業の業種を問われることもありませんし、「安定した収入を得ている方」であれば心配する必要はないでしょう。プロミスの審査は正社員や公務員以外のアルバイトやパートタイマーの方でも通過している実績があります。つまり自営業だからといって不利になることはなく、前向きに検討してみてはいかがでしょう。


プロミスの審査は自営業では厳しいって噂は?

プロミスの審査は自営業では厳しい、といった内容の記事を見たり噂を聞いたりしたこともあるでしょう。とはいえこれは誤った内容で、心配する必要はありません。自営業としてちゃんとした実績を持っている方であれば、問題はないのです。ただし、場合によっては審査の際に収入証明書類の提出を求められるケースがありますので、毎年の確定申告を怠らないようにしましょう。当たり前のことですが、赤字続きの自営業の方は審査に通らない可能性は大変高くになります。


プロミスの審査を受ける自営業者の方に朗報!?

プロミスの審査を受ける自営業者の方で、もしも事業資金として利用する予定の方はフリーローンをオススメしません。もちろんフリーローンの利用は問題ありませんが、実はプロミスでは自営者ローンといって自営業者の方を対象にした貸付制度があります。趣味に利用する予定の方はフリーローンでも問題ありませんが、もしも事業資金として利用する予定の方は自営者ローンの利用を検討してみてはいかがでしょう。また自営者ローンは利用用途を限定しており、事業費や生計費のみ利用することができます。


プロミスの審査は自営業の方でも問題なし!

プロミスの審査を受ける自営業者の方は、特に心配する必要はありません。ちゃんとした実績のある自営業であれば審査に通る可能性は充分にあります。とはいえ赤字続きの自営業者の方は審査に厳しくなるでしょう。というのもプロミスの定める貸付条件に「安定した収入のある方」と明記しておりますので、こちらに該当しない方は厳しいです。また事業費としてプロミスの利用を検討している方は、自営者ローンの審査を受けることをオススメします。

プロミスの審査は派遣社員でも通るって本当!?

読了までの目安時間:約 3分

プロミスの審査を受ける予定の方は、多くの雇用形態があるでしょう。一例を挙げれば、正社員、契約社員、派遣社員、アルバイト、パートタイマー、今現在の日本はたくさんの雇用形態があります。ここでは派遣社員の方がプロミスの審査に通ることができるのか、詳しく解説していきます。


プロミスの審査は派遣社員でも問題なし!

プロミスの審査を受ける派遣社員の方は、肩の力を抜いて大丈夫です。というのもプロミスでは派遣社員の方でも問題なく審査に通る可能性はあります。少なからずとも派遣社員という理由だけで審査に落ちることは絶対にありません。しかし、過去にキャッシングを利用していて返済滞納の履歴があったり、他社借入中で年収の1/3以上の借入を禁じた総量規制に抵触したりしている方は、審査に落ちる可能性はあるでしょう。とはいえ基本的に派遣社員でも問題ありませんので、ひとまず安心して大丈夫です。


プロミスの審査に落ちる可能性のある派遣社員って!?

プロミスの審査は派遣社員でも問題ないことは上記に説明した通りですが、実は一部の派遣社員の方は注意が必要になります。というのも派遣社員の方の中には、超短期的な派遣社員の方もいらっしゃいます。具体的に言えば、月に一度のみ勤務している方や年に数回のみ勤務しているといった方は、プロミスの定める条件に合致していない可能性があるでしょう。プロミスの定める条件のひとつに「安定した収入を得ている方」とあり、正直のところ月に一度の勤務では、該当しない可能性が高いでしょう。


プロミスの審査は性別が関係あるの!?

プロミスの審査を受ける予定の派遣社員の方は、男性の方も女性の方もいらっしゃるでしょう。ところで日本は男女平等の社会を目指していますが、キャッシングの際に派遣社員の女性が不利になるといった情報があります。これは大変間違った情報で、男性でも女性でも同一の条件に則って審査は行われています。プロミスの審査を受ける際に気を付けるべきポイントは、とにかく安定した収入を得ているか、そして他社等で事故歴がないかといったことで、性別差別は絶対にありませんので、安心しましょう。


プロミスの審査を受ける派遣社員の方のまとめ

プロミスの審査を受ける派遣社員の方は、基本的に審査を受けることができないことは絶対にありません。ただし、審査を受けることができるからといって絶対に審査を通るわけではないので、注意しておきましょう。特に派遣社員の方の中には月に一度の勤務や非常に少ない勤務日数の方もいらっしゃるでしょう。こういった方は、安定した収入に該当するか否か、非常に厳しい側面があるでしょう。とはいえ派遣社員の方は審査を受ける条件自体は満たしていますので、まずは審査を受けてみてはいかがでしょう。

プロミスの審査は無職でも借りることができる!?

読了までの目安時間:約 3分

プロミスの審査を受ける予定の方の中には、今現在無職の方もいらっしゃるでしょう。というのもキャッシングを利用したいという状況は、基本的にお金を必要としている状況に陥っているということです。つまり、必然的に無職の方はキャッシングを利用したいと考えるはずですが、実際にプロミスでは無職でも借りることができるのか、今回はその点について解説していきます。


プロミスの審査は無職では絶対に通らないの?

プロミスの審査は無職では絶対に通りません。インターネットのサイトの一部では無職でも審査に通ったなどと嘘の表記をしている場合がありますが、まったくのデタラメですから信憑性はまったくないです。というのもプロミスの借入条件の一部に、「安定した一定の収入のある方」と書かれています。当たり前のことですが、無職の方は安定した収入を得ているはずありません。また、両親や親族にお金を貰っているから収入はある、といった理由も聞き入れてくれることは絶対にないです。


どうしてプロミスは無職を審査に通さないの?

プロミスの審査は無職を通さないことは事実ですが、そもそもの理由を知りたい方もいるでしょう。ひとつは上記に説明した通り会社の規約に「安定した一定の収入のある方」と定めていることですが、もうひとつは当たり前の内容になります。それは無職の方には返済能力がないためです。返済能力がないということは、プロミスは利息を得るどころか元本すら回収できない可能性があるでしょう。これでは会社を経営していくことはできません。


プロミスの審査を通るためにするべきことって?

上記にプロミスの審査は無職では不可能という内容を書きました。しかし、だからといってあきらめる必要はありません。逆に考えれば、プロミスは無職でなければ審査に通る可能性はあるということです。当然、絶対に通る保証はありませんが、銀行系カードローンのように収入制限を設けているわけではないので、充分に可能性はあるでしょう。つまり、ひとまず職に就くことから始めるべきです。ここでの職とは正社員ではなく、パートタイマーやアルバイトでも問題なく、ハードルは低いと言えるでしょう。


プロミスの審査を通るためのまとめ!

プロミスの審査を通るためには職に就いておく必要があります。職に就いていない方はどのような理由を付けたところでプロミスの審査に通ることはありませんので、ひとまずあきらめるしか道はありません。とはいえ逆に言えば職に就いておけば、審査に通る可能性は充分にあるでしょう。しかも正社員以外のパートタイマーやアルバイトでも問題なく、とにかく職に就いてさえいれば、審査に通る可能性はあるのです。まずは職に就いたうえでプロミスの審査を受けることが大事になります。

プロミスの審査を受けるニートの方を対象に解説!

読了までの目安時間:約 3分

プロミスの審査を受けるニートの方は、かなり多くの不安を抱えていることでしょう。ニートの方とはいえ急な出費はあります。パソコンの故障だったり冠婚葬祭に出席する必要があったりと色々想像することができるでしょう。今回はプロミスの審査を受けるニートの方を対象に解説していきます。


プロミスの審査はニート不可なの!?

プロミスの審査はニートの方では審査に通ることは絶対にありません。たとえ実家のにとんでもない資産を持っていたところで不可能です。はっきり言えばニートの方はプロミスの審査を通ることは無理なので、あきらめるべきでしょう。またおそらくプロミス以外の金融機関でもほぼ不可能になりますので、ニートという状況下ではキャッシング自体不可能だと考えておくべきかもしれません。どうしてニートが無理なのか、下記に解説していきます。


プロミスの審査は絶対条件がある!

プロミスの審査は絶対条件があります。絶対条件とは年齢や収入になります。プロミスの指定した最低限の年齢は20歳以上になり、20歳に満たない方は対象外になります。また「安定した収入を得ている方」になります。この両方の条件に合致していない限りは、絶対に審査を通ることはありません。つまりニートの方は収入の絶対条件を満たしていないため無理になります。ニートとは無職のことですから、収入を得ていない方になり、やはり絶対条件に該当していない人になります。


プロミスの審査を通るためにはどうすればいい?

プロミスの審査を通るために、まずはニートを脱出しなければなりません。ニートの脱出なんて無理だと考えるかもしれませんが、アルバイトやパートタイマーでもプロミスの審査を通る可能性はあります。アルバイトやパートタイマーであれば基本的に難しいことはないでしょう。つまりニートの方はアルバイトやパートタイマーといった職に就いたうえでプロミスの審査を受けるべきでしょう。また当たり前のことですが、正社員や公務員に就くことができるのであれば、尚、審査に通る可能性は高いでしょう。


プロミスの審査通過はニートでは不可能!

プロミスの審査に通過したい場合は、ニートでは絶対に不可能になります。つまりニートの方は残念ながらプロミスの審査を受けることは時間の無駄になるでしょう。しかしニートを脱出すればプロミスの審査を通る可能性は高まります。正社員や公務員は厳しい場合でも、アルバイトやパートタイマーであればそれほど難しくないでしょう。ということはつまり、ニートの方は第一に職に就くことを考え、その後プロミスの審査を受けることを考えるべきです。

プロミスの審査は専業主婦でも大丈夫なの!?

読了までの目安時間:約 3分

プロミスの審査は専業主婦が受けても大丈夫だろうか、と悩んでいる方もいらっしゃるでしょう。実際にインターネットで検索してみたところ、主婦でも審査に通ったと書かれているケースが散見されます。しかし、実はその言葉には落とし穴があり、今回はここで詳しく解説していきます。


プロミスの審査は専業主婦では通らないの?

プロミスの審査は専業主婦が通ることはありません。というのも専業主婦の方は自身に安定した収入を得ていないため無職同様になります。たとえ配偶者の夫が収入を得ていたとしても審査にはまったく関係ないです。ただ、他のキャッシング会社では配偶者貸付という制度を利用できる場合があります。しかし、残念ながらプロミスでは配偶者貸付の制度は実施していません。つまり専業主婦の方がプロミスの審査を受けたところで、通ることは絶対にありませんので、注意しましょう。


プロミスの審査は主婦でも通ったって見たけど?

プロミスの審査は主婦でも通った、といった記事をインターネットで見たことがある方は少なくないでしょう。実は、この記事は間違っているとも正解とも言えません。というのも主婦は主婦でも専業主婦と兼業主婦が世の中に存在しているためです。両者の違いを簡単に説明すれば、専業主婦は配偶者の収入のみで生活している方ですし、兼業主婦は自身も収入を得ている方になります。つまり、プロミスの場合は自身で収入を得ている兼業主婦の方には貸付をしていますので、主婦(兼業を略してるわけです)でも審査に通ったという情報が溢れているのです。


プロミスの審査で押さえておくべきポイントって?

プロミスの審査に関して専業主婦は無理でも兼業主婦は大丈夫、ということは上記の説明で理解して頂けたはずです。だからといって兼業主婦は難しいと考え、プロミスの審査を受けることをあきらめる必要はありません。というのも兼業主婦になることは決して難しくないのです。兼業主婦は正社員に就いている方を指しているわけではなく、パートタイマーやアルバイトでも問題ないのです。週に数回のパートタイマーやアルバイトであれば主婦業ほぼ支障をきたすこともなく、更にプロミスの審査を受けることもできるのです。


プロミスの審査を受ける予定の主婦の方にワンポイント!

プロミスの審査は、専業主婦は通りませんが、兼業主婦は通る可能性があります。専業主婦のままでキャッシングを利用したいと考えている場合は、プロミス以外の配偶者貸付制度を実施しているキャッシング会社を選ぶべきでしょう。もしも専業主婦にこだわりがなないのであれば、ひとまずパートタイマーやアルバイトに就いて、その後プロミスの審査を受けるべきです。プロミスの審査は正社員以外の方でも通った実績が数多くありますので、充分期待して大丈夫でしょう。

プロミスの審査において水商売ってどうなの?

読了までの目安時間:約 3分

プロミスの審査は水商売の方が不利になる、といった噂を聞いたことがあるでしょう。こういった噂は信じる必要ありません。というのもプロミスは水商売だからといって審査に不利になることはないためです。今回はプロミスの審査を受ける水商売の方を対象に解説していきます。


プロミスの審査は水商売でも本当に大丈夫?

プロミスの審査は水商売の方でも絶対に大丈夫です。とはいえどうしても水商売は審査が厳しいと考えている方が多いようですが、これは先入観でしかありません。逆に水商売は審査が厳しい理由がないでしょう。というのもプロミスに限らず消費者金融は貸したお金を返して利息を得ることができれば問題ないのです。つまり水商売でも問題なく審査に通る可能性は高いのです。とはいえ水商売の方でも審査に落ちる可能性がある方もいますので、次に紹介していきます。


プロミスの審査の要件を覚えておこう!

プロミスは水商売の方でも審査に通りますが、審査に落ちる水商売の方もいます。それは決してスナックだからとかキャバクラだからとかホストだからとかいった理由ではありません。審査に落ちる水商売の方は、安定した収入を得ていない方になります。一例を挙げれば時々ヘルプでのみ働いているといった方は、プロミスの定める「安定した収入を得ている方」に該当しないでしょう。職種は関係ありませんが、安定していない収入の方は厳しいと考えておくべきです。


プロミスの審査を受ける前に知っておくべきこと!

プロミスの審査を受ける前に過去にキャッシングやクレジットカードを利用していないか考えておくべきでしょう。普通に利用しているだけであれば問題ありませんが、滞納歴があったりする場合は厳しくなります。これは水商売の方以外でも該当する項目で、滞納していた方は基本的に審査が厳しくなります。また消費者金融やクレジットカードのキャッシング枠は、総量規制の対象になり、合計借入金額が年収の1/3以上になっている方は、法律の関係上審査に通ることは絶対にありませんので、注意しましょう。


基本的にプロミスの審査は水商売でも可!

上記に説明してきた通り、プロミスの審査を受ける水商売の方は、必要以上に警戒したり絶望したりすることはありません。水商売の旨を堂々と入力して問題ないのです。ただし勤務日数が不明確だったり場合によっては収入証明書類の提出が求められたりしますので、応じることができない場合は非常に厳しくなるでしょう。また過去の滞納歴や総量規制の対象者の方は水商売云々関係なく審査に通ることは難しくなりますので、気を付けておくべきでしょう。

プロミスの審査は公務員が受ける際の注意点について!

読了までの目安時間:約 3分

プロミスの審査を受ける予定の方で、公務員の方もいらっしゃるでしょう。公務員だからといってキャッシングを利用することが悪いわけではありませんし、プロミス側も公務員の方は駄目といった制限はまったく設けていません。今回は公務員の方を対象に詳しく解説していきます。


プロミスの審査は公務員が有利!

プロミスの審査を受ける公務員の方は、まずは安心して頂いて大丈夫でしょう。基本的に公務員のステータスは日本ではあらゆる面において有利に進めることができます。当然、プロミスの審査を受ける際にも公務員は不利になることは絶対にありません。特にプロミスでは正社員はもちろんアルバイトやパートタイマーの方でも審査に通過した実績が数多くありますので、公務員の方であれば更に可能性は高まることでしょう。つまり公務員の方は審査に関して心配する必要はまったくありません。


プロミスの審査で気を付けるべきことって?

プロミスの審査は公務員であれば問題ないことは説明しましたが、もしも他社で借入をしているのであれば気を付けるべきでしょう。というのも日本の消費者金融は総量規制という法律に則って運営しています。この総量規制とは年収の1/3以上の借入を禁止した法律になり、もしも他社で借入している方はこの総量規制に抵触している可能性があります。総量規制に抵触している方は、プロミスの審査以前の問題で、法律上借入することはできませんので、注意しておくべきでしょう。


プロミスの審査は在籍確認があります!

プロミスの審査は在籍確認を設けていますので、職場に在籍しているか否かの電話がかかってきます。公務員の方にも種類は数多くありますが、基本的に世間体を気にする方が多いでしょう。たとえば役所勤めの方や教職関連の方が、自動契約機や来店しているところを誰かに見られることは今後プラスに働くことはありません。とはいえプロミスはパソコンやスマホから契約できるWEB契約がありますので、こちらを利用すれば姿を見られることは絶対にありません。また在籍確認の電話においてプロミスの社名を挙げることは絶対にありませんので、こちらは心配する必要はないでしょう。


プロミスの審査を受ける公務員の方へのまとめ!

プロミスの審査を受ける公務員の方は、審査自体を心配する必要はないでしょう。他社借入で総量規制の対象になっていたりキャッシングの事故歴があったりする方は難しい可能性がありますが、これまでそういった経験はない方であれば、基本的に心配する必要はありません。とはいえ公務員の方はどうしても世間体のある職になりますから、審査を受ける場所に注意を払うべきでしょう。WEB契約を利用することで、誰かにバレることはありませんので、こちらの利用をオススメします。

プロミスの審査を受ける外国人の方のために!

読了までの目安時間:約 3分

近年の日本はグローバル化が大変進み、外国人の方が多くなりました。結果、プロミスの審査を受ける予定の外国人の方もいらっしゃるでしょう。とはいえ外国人の方が本当にプロミスでキャッシングはできるのでしょうか、今回は外国人の方を対象に解説していきます。


プロミスの審査は外国人でも大丈夫!

プロミスの審査は外国人の方でも審査を通ることはあります。ただし気を付けて欲しいポイントは、すべての外国人が審査を通るわけではありません。というのも外国人の方でも単に旅行に来ただけの方もいますし、永住権を持っている方もいます。プロミスの場合は永住権を持っている外国人の方しか審査に通ることはありません。これは当たり前のことですが、返済できない可能性のある方には貸付できないためです。決して外国人差別ではありませんので、その点についての心配は不要でしょう。


プロミスの審査を受ける外国人の方が必要なこと!

プロミスの審査を受ける外国人の方は、第一に永住権を持っている必要があります。上記でも説明しましたが、旅行に来ただけの外国人に貸付は行っていません。第二に日本語を理解できない方も理論上不可能でしょう。そして最も大切なことは、「在留カード」や「特別永住者証明書」の両方を提出する必要があります。これらの提出をプロミスの審査の際に提出できない外国人の方は、絶対に審査に通ることはありませんので、きちんと用意しておきましょう。


プロミスの審査を受ける外国人の方の職について!

プロミスの審査を受ける外国人の方で、必要書類の提出ができる方は、職について知っておくべきでしょう。プロミスの審査では職業差別や雇用形態は問いませんので、職自体を心配する必要はありません。ただし、職に就いていない外国人の方は審査に通ることはないです。というのも外国人の方に限らずプロミスでは「安定した収入を得ている方」という条件に該当していない方は審査に通ることはありません。アルバイトでもパートタイマーでも構いませんので、まずは職に就く必要があります。


プロミスの審査を受ける外国人の方についてのまとめ!

プロミスの審査を受ける外国人の方は、日本の永住権を所持している方が絶対条件になります。永住権の持っていない外国人の方は審査に通ることはありませんので、プロミスでのキャッシングはあきらめるべきでしょう。そして外国人の方は提出書類として、「在留カード」や「特別永住者証明書」の両方を提出する必要がありますので、こちらの準備もきちんとしておくべきです。またプロミスでは審査を通る最低条件として職に就いておくことが求められますので、職に就いておくようにしましょう。

プロミスの審査は経営者でも問題ない?

読了までの目安時間:約 3分

プロミスの審査を受ける方の中には、経営者の方もいらっしゃるでしょう。今現在の日本ではかなりの人数の経営者の方が存在します。大企業や中小企業はもちろん、ほぼ個人店のような形での経営者の方もおり、経営者とはいえ一括りにできないと考える方も多いでしょう。今回は経営者の方がプロミスの審査を受けることができるのか、簡単に解説していきます。


そもそもプロミスの審査に経営者は関係あるの?

プロミスの審査を受ける際に、どうして経営者だから審査を受けられないと考えたのでしょう。おそらくなんとなく考えたか、あるいはインターネットの誤った情報を鵜呑みにしてしまったのでしょう。実際のところプロミスの審査において経営者だから審査を受けることができない、などとはどこにも明記していません。つまり経営者でも問題なくプロミスの審査を受け、かつ審査に通る可能性がありますので、心配せずに審査を受けてみてはいかがでしょう。


プロミスの審査に落ちる経営者って?

プロミスの審査は経営者でも受けることはできますが、現代の経営者は多岐に広がっています。当然、収入のある経営者であれば充分審査に通る可能性はありますが、まったく収入のない経営者では審査に落ちる可能性は高いです。というのもプロミスの条件として安定した収入を得ている方と明記しており、収入のない経営者は該当しません。つまりプロミスの審査に限って言えば経営者云々は関係なく、安定した収入を得ているか否かが問題になりますので、収入のない経営者の方は注意しておくべきでしょう。


プロミスの審査に通れば使い道は自由でしょ?

フリーローンのプロミスは、審査通過後の使い道は自由になりますが、もしも事業資金として利用したいと考えている方は、フリーローンではなく自営者カードローンを利用するべきでしょう。プロミスでは自営者カードローンがありますので、フリーローンはあくまで自身の趣味等々に利用するようにしましょう。そしてもしも事業資金としてお金が必要だと考えている経営者の方は、自営者カードローンの審査を受けるべきです。自営者カードローンでは事業費はもちろんのこと生計費に利用することもできますので、検討する余地は充分にあるでしょう。


プロミスの審査は経営者でも安心して大丈夫!

プロミスの審査は経営者だからといって受けることができないとか不利になるとかいったことは絶対にありません。ただし経営者とはいえ収入を得ていない経営者の方は、プロミスの定める条件のひとつ「安定した収入を得ている方」に該当しませんので、審査に通ることはかなり厳しいと考えておくべきでしょう。またプロミスは経営者の方を対象にした自営者カードローンを用意していますので、こちらの審査を受けることも検討してみていかがでしょう。

プロミスの審査を受けるフリーターの方に解説!

読了までの目安時間:約 3分

プロミスの審査を受ける予定のフリーターの方は、もしかしたら色々心配していることも多いでしょう。というのもインターネットでプロミスの審査はフリーターが不利といった内容の記事を見ることがあります。今回はプロミスの審査を受けるフリーターの方を対象に解説していきます。


プロミスの審査を受ける際にフリーターは不可能なの?

プロミスの審査を受けるフリーターの方で、審査に通過することは不可能ということはありません。フリーターの方でも問題なく審査に通ることが多いです。ただインターネットの記事でフリーターは不利という内容は間違っていません。というのもフリーターの比較対象が正社員や公務員であれば、それは間違いなく不利でしょう。しかしプロミスの審査は競争ではありません。プロミスの定めた条件に合致していれば、フリーターでも問題ないのです。


プロミスの審査における条件って?

プロミスの審査はフリーターでも問題ありませんが、「安定した収入を得ている方」でなければ審査に通ることはありません。フリーターとはいえ毎月給与を得ているフリーターと日雇いのようなアルバイトだけで生計を立てているフリーターでは、かなり内容が変わってきます。ひとつの雇用先で安定した収入を得ているフリーターの方であれば、基本的に問題はありません。ただ、決まった勤務先で働いていないフリーターの方は、プロミスの審査に通ることは厳しくなるでしょう。


プロミスの審査で不利になることって?

さて、プロミスの審査を受けるフリーターの方で毎月安定した給与を得ている方であれば問題ありません。しかし、他社で借入していたり過去に事故歴があったりする方は、審査の際に不利になる可能性があります。他社借入に関しては『総量規制(法律上年収の1/3以上の借入は禁止)』の対象者は絶対に借入することができません。また事故歴のある方はどうしても審査が不利になるでしょう。今後キャッシングをすることも考えたうえで、返せる金額のみ借入するように注意しましょう。


プロミスの審査を受けるフリーターの方へまとめ!

プロミスの審査を受けるフリーターの方は、特に心配する必要はないでしょう。というのもフリーターでも毎月安定した収入を得ているのであれば、プロミスの審査を通る可能性は充分あります。とはいえ勤務先を転々としていたり超短期のアルバイトであったりする場合はその限りではありません。そしてなにより気を付けるべきポイントは、他社借入が関係する総量規制や過去の事故歴になります。キャッシングの利用は後々のことを考えたうえで利用することが大事になるでしょう。

カテゴリー
当サイトの運営情報
職業