プロミス審査

プロミス審査基準って?【審査通るコツはここで】スマホ・24時間OK

CMも放送されている超有名消費者金融のプロミス。その審査の実態についてご紹介していきます。

プロミスの審査を受ける外国人の方のために!

読了までの目安時間:約 3分
外国人 (1)

近年の日本はグローバル化が大変進み、外国人の方が多くなりました。結果、プロミスの審査を受ける予定の外国人の方もいらっしゃるでしょう。とはいえ外国人の方が本当にプロミスでキャッシングはできるのでしょうか、今回は外国人の方を対象に解説していきます。


プロミスの審査は外国人でも大丈夫!

プロミスの審査は外国人の方でも審査を通ることはあります。ただし気を付けて欲しいポイントは、すべての外国人が審査を通るわけではありません。というのも外国人の方でも単に旅行に来ただけの方もいますし、永住権を持っている方もいます。プロミスの場合は永住権を持っている外国人の方しか審査に通ることはありません。これは当たり前のことですが、返済できない可能性のある方には貸付できないためです。決して外国人差別ではありませんので、その点についての心配は不要でしょう。


プロミスの審査を受ける外国人の方が必要なこと!

プロミスの審査を受ける外国人の方は、第一に永住権を持っている必要があります。上記でも説明しましたが、旅行に来ただけの外国人に貸付は行っていません。第二に日本語を理解できない方も理論上不可能でしょう。そして最も大切なことは、「在留カード」や「特別永住者証明書」の両方を提出する必要があります。これらの提出をプロミスの審査の際に提出できない外国人の方は、絶対に審査に通ることはありませんので、きちんと用意しておきましょう。


プロミスの審査を受ける外国人の方の職について!

プロミスの審査を受ける外国人の方で、必要書類の提出ができる方は、職について知っておくべきでしょう。プロミスの審査では職業差別や雇用形態は問いませんので、職自体を心配する必要はありません。ただし、職に就いていない外国人の方は審査に通ることはないです。というのも外国人の方に限らずプロミスでは「安定した収入を得ている方」という条件に該当していない方は審査に通ることはありません。アルバイトでもパートタイマーでも構いませんので、まずは職に就く必要があります。


プロミスの審査を受ける外国人の方についてのまとめ!

プロミスの審査を受ける外国人の方は、日本の永住権を所持している方が絶対条件になります。永住権の持っていない外国人の方は審査に通ることはありませんので、プロミスでのキャッシングはあきらめるべきでしょう。そして外国人の方は提出書類として、「在留カード」や「特別永住者証明書」の両方を提出する必要がありますので、こちらの準備もきちんとしておくべきです。またプロミスでは審査を通る最低条件として職に就いておくことが求められますので、職に就いておくようにしましょう。

 

この記事に関連する記事一覧

カテゴリー
当サイトの運営情報
職業