プロミス審査

プロミスすぐ借りれる?ヤバい!【審査基準は甘い?借り方は?】

CMも放送されている超有名消費者金融のプロミス。その審査の実態についてご紹介していきます。

プロミスの審査を受けるフリーターの方に解説!

読了までの目安時間:約 3分
フリーター (1)

プロミスの審査を受ける予定のフリーターの方は、もしかしたら色々心配していることも多いでしょう。というのもインターネットでプロミスの審査はフリーターが不利といった内容の記事を見ることがあります。今回はプロミスの審査を受けるフリーターの方を対象に解説していきます。


プロミスの審査を受ける際にフリーターは不可能なの?

プロミスの審査を受けるフリーターの方で、審査に通過することは不可能ということはありません。フリーターの方でも問題なく審査に通ることが多いです。ただインターネットの記事でフリーターは不利という内容は間違っていません。というのもフリーターの比較対象が正社員や公務員であれば、それは間違いなく不利でしょう。しかしプロミスの審査は競争ではありません。プロミスの定めた条件に合致していれば、フリーターでも問題ないのです。


プロミスの審査における条件って?

プロミスの審査はフリーターでも問題ありませんが、「安定した収入を得ている方」でなければ審査に通ることはありません。フリーターとはいえ毎月給与を得ているフリーターと日雇いのようなアルバイトだけで生計を立てているフリーターでは、かなり内容が変わってきます。ひとつの雇用先で安定した収入を得ているフリーターの方であれば、基本的に問題はありません。ただ、決まった勤務先で働いていないフリーターの方は、プロミスの審査に通ることは厳しくなるでしょう。


プロミスの審査で不利になることって?

さて、プロミスの審査を受けるフリーターの方で毎月安定した給与を得ている方であれば問題ありません。しかし、他社で借入していたり過去に事故歴があったりする方は、審査の際に不利になる可能性があります。他社借入に関しては『総量規制(法律上年収の1/3以上の借入は禁止)』の対象者は絶対に借入することができません。また事故歴のある方はどうしても審査が不利になるでしょう。今後キャッシングをすることも考えたうえで、返せる金額のみ借入するように注意しましょう。


プロミスの審査を受けるフリーターの方へまとめ!

プロミスの審査を受けるフリーターの方は、特に心配する必要はないでしょう。というのもフリーターでも毎月安定した収入を得ているのであれば、プロミスの審査を通る可能性は充分あります。とはいえ勤務先を転々としていたり超短期のアルバイトであったりする場合はその限りではありません。そしてなにより気を付けるべきポイントは、他社借入が関係する総量規制や過去の事故歴になります。キャッシングの利用は後々のことを考えたうえで利用することが大事になるでしょう。

 

この記事に関連する記事一覧

カテゴリー
当サイトの運営情報
職業